2019年05月16日

わらべ唄「通りゃんせ」発症の地「川越」

わらべ唄「通りゃんせ」
通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの細通じゃ 
天神さまの細道じゃ
ちっと通して下しゃんせ
御用のないもの通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札を納めにまいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ





以下のサイトに川越・三芳天神「とうりゃんせ」発祥の話が書いてありました。
https://hisagawa.com/shrines/saitama/miyoshino/

室町時代に入り、太田道灌がこの地周辺に川越城を築城しました。
そのため、三芳野神社は川越城内の中に入ってしまい、一般庶民は普段はお参りすることができなくなりました

しかし、信仰が篤いことから、庶民は時間を区切ってお参りできるようになった。
城内は、南大手門 → 田郭門 → 天神門 → 三芳野神社(天神さま)までの複雑な細道
門を通るたびに、門番に理由(七つのお祝いに天神さまへお参りに行くなど)を説明し通ります

帰りは、参詣客に紛れて密偵が城内に入り込むことをさけるため、帰りの参詣客は警護の者によって厳しく調べられた。
そのことから「行きはよいよい、帰りはこわい」と川越城内の子女の間で唄われるようになり、それが城下に流れ、武士や僧侶、町人たちによって江戸へ運ばれ、やがて全国へ広まった。

toryanse1.jpg
花山幸山 /わらべ唄「とおりゃんせ」発祥石碑前にて

toryanse2.jpg
川越・三芳天神

toryanse3.jpg
富士見櫓跡

天神様にお参りする順路は、南大手門から入城し、田郭門を抜け富士見櫓を左手に見て進み、天神門を潜って直進し、直角に左に曲がって三芳野神社に直進する参道を進んだと考えられており、これが“とうりゃんせ”に唄われた天神様の細道となのです。



posted by 幸山 at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

くまモン体操


くまモン、愛嬌ありますね。
posted by 幸山 at 20:34| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

「The Christmas Song」 花山幸山  ・・・松村記念館で

今日もJAZZ
ナット・キング・コールのクリスマスソングです。
Nat King Cole 「The Christmas Song」

Chestnuts roasting on an open fire
Jack Frost nipping at your nose
Yule-tide carols being sung by a choir
And folks dressed up like Eskimos

Everybody knows a turkey and some mistletoe
Help to make the season bright
Tiny tots with their eyes all aglow
Will find it hard to sleep tonight

They know that Santa's on his way
He's loaded lots of toys and goodies on his sleigh
And every mother's child is gonna spy
To see if reindeer really know how to fly

And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it's been said many times, many ways
Merry Christmas to you

And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two
Although it's been said many times, many ways
Merry Christmas to you

matumura.jpg
Singer Hanayama Kozan 花山幸山 / 足利・松村記念館にて
ドラマ撮影にもよく使われるそうです。
posted by 幸山 at 16:12| Comment(0) | 名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。